葬儀は人生で大きなイベントです~家族を見送る準備~

musical instrument Purchase second-hand sale

遺品整理を行なう

業者を選ぶ際に気を付けることは

少し前までは、遺品整理は遺族によって行われるものでした。しかし、近頃では、高齢化・核家族化によって、遺品整理が遺族の手ではなく、遺品整理を行うサービスを行う業者に依頼するということが増えてきています。しかし、遺品整理を業者に依頼するということは、遺族・故人と関わりのない人間が遺品を整理するということです。なので、本当に信頼することのできる良い業者を選ぶ必要性があります。 まず、遺品整理の業務は、「古物商の許認可」を持っていないと行うことが出来ません。悪質な業者の場合、これを持っていない場合もあるのでこの点には気を付けましょう。 次に、料金は必ず後払いにしましょう。着手料を前払いで払ったらそのまま連絡が取れなくなったというケースが確認されています。 最後に、できるだけ、地元に根付いている業者に依頼しましょう。昔からある業者の場合は、その地元で信頼を重ねているわけで、実績もそれなりにあると言えます。

遺品整理を業者に任せる際の節約術は

遺品整理業者が顧客に請求する費用は、遺品の運搬費用、回収費用、作業費用が主となります。お葬式などで費用がかさむので、遺品整理にかかる費用は少しでも抑えたいところです。そのための節約術として挙げられるのが、数点あります。 まずは、「あらかじめゴミとリサイクル品を分別する」ということです。これをしておくことで、時間超過による追加料金を抑えることが出来ます。 次に、「できるだけ自分たちで先に処分しておく」ということです。粗大ごみなどは、地域で回収日が決まっていることが多いので、先に回収してもらうことが費用の削減につながります。 次に、「梱包を先に終わらせておく」ということです。これによって、作業にかかる時間を短縮することが出来ます。 これらのように、ちょっとした作業を自分たちで行うだけで費用の削減をすることが可能になります。